不動産投資信託で安心投資|リスク回避のノウハウ特集

複数の家

資産規模が効いています

笑う男性

空室の影響も小さいです

不動産投資には興味があるけれども、あまり大きなリスクは取りたくないと考えているのであれば、中古ワンルームマンションや1棟アパート等の実物不動産に投資するよりも上場不動産投資信託に投資をしましょう。上場不動産投資信託は不動産賃貸事業をメインとする事業体です。運営会社が管理しており、投資家は小口化された証券を保有する形で投資をします。どの銘柄も、複数の収益物件を保有しているので、分散投資の効果を得ています。上場不動産投資信託は管理戸数がとても多く、一部が空室になったとしても、全体の収益には大きな影響はありません。資産規模が大きいことは、総収入の部分だけでなく、運営コスト削減の面でも効果を発揮しています。

コスト削減も進めています

上場不動産投資信託は資産残高を積み上げていくために公募増資をするほか、借入金によって資金調達をしています。その金額は数十億から数百億に及びます。金利をわずかにでも下げることができれば、それだけでかなりのコスト削減になります。また、建物管理についても、大規模物件やまとまった物件数を発注しているため、価格交渉を有利に進めることができます。家賃収入が減少しても、それ以上にコスト削減が進めば、分配金額は維持できます。これだけメリットのある投資商品を、数十万円程度の資金で購入することができます。まずは1口だけ投資をしてみて様子を見てみるとよいです。そして、相性が良い投資商品であれば、定期的に購入し、残高を積み上げていきましょう。

Copyright © 2016 不動産投資信託で安心投資|リスク回避のノウハウ特集 All Rights Reserved.