不動産投資信託で安心投資|リスク回避のノウハウ特集

複数の家

銘柄の特徴を知ろう

電卓と住宅

代表的銘柄を知ろう

上場不動産投資信託には、いろいろな銘柄があります。最も代表的な2種類はレジデンス系銘柄とオフィスビル系銘柄です。レジデンス系銘柄とはファミリーマンションやワンルームマンションに積極的に投資をしている上場不動産投資信託です。住居の家賃は景気変動の影響を受けにくいため、分配金が安定しているということが特徴です。但し、分配金の変化が小さいので、投資口価格の変動も比較的緩やかとなります。一方で、オフィスビル系銘柄は、家賃が景気に大きく左右されます。分配金の増配額や減配額も大きくなることがあるため、投資口価格も大きく動くケースがあります。これらとは別に珍しい物件に投資をしている上場不動産投資信託もあります。

ホテル系に注目です

例えば、ホテルに投資をしている銘柄です。リゾートホテルに投資をしているものもあれば、ビジネスホテルに投資をしているものもあります。ホテルの家賃はホテル運営会社と固定賃料で契約している場合と変動賃料で契約している場合があります。固定賃料で契約している場合には、景気の変動を受けにくく分配金が安定していますが、変動賃料の場合には、ホテル稼働率によって分配金が大きく増減します。最近では外国人旅行者が増えており、ホテル業界は大きな収益を上げています。ホテル系の上場不動産投資信託も、この恩恵を受けており、業績及び分配金の上方修正が続いています。銘柄の特徴を理解して、上手に投資をすれば、大きな投資収益を獲得することも可能です。

Copyright © 2016 不動産投資信託で安心投資|リスク回避のノウハウ特集 All Rights Reserved.