不動産投資信託で安心投資|リスク回避のノウハウ特集

複数の家

ホテルに投資をしよう

案内する女の人

旅行者が増えています

昨年、海外旅行者数が年間2000万人に迫りました。今後も旅行者数の増加は続くものと予想されています。ホテルは90%を超える稼働率が続いており、すでに宿泊施設などのインフラ整備が追い付かない状況となっています。ホテル建設は急ピッチで行われているものの、宿泊施設不足はすぐに解消される気配はなく、民間住宅を貸し出す民泊制度の導入も検討されています。ホテルを個人で建設して運営するというのは資金面や法制面を考えるとなかなか難しいですが、民泊については個人でも参入できます。但し、地域との調整や民泊をしていることを情報発信しなければならないなど、まだまだ手間がかかる状況です。このような状況において、ホテル業界好調の恩恵を手軽に享受できる方法があります。

好調の恩恵を受けよう

その方法とは上場不動産投資信託に投資をすることです。上場不動産投資信託の銘柄の中には、ホテル物件に特化しているものや、ホテルを運用資産の一部に取り込んでいるものもあります。このような銘柄に投資をすれば、ホテル運営に関するノウハウがなくても、ホテル業界好調の恩恵を受けることができるわけです。実際に、ホテル系の上場不動産投資信託は、ここ数年、大幅な増配を続けています。ホテル系の上場不動産投資信託に投資をする際には、固定賃料契約を主としているのか、変動賃料契約が多いのか確認しておきましょう。これからもホテル業界の好調が続くと考えるのであれば、変動賃料契約の割合が大きい上場不動産投資信託を選びましょう。

Copyright © 2016 不動産投資信託で安心投資|リスク回避のノウハウ特集 All Rights Reserved.